アイデアを平面だけでなく、初段階からラフモデリングによる立体的な検討を行う事で、より現実感のある製品創りを計画できます。高密度発砲モデルやペーパーモデルなどを用い実現いたします。最終段階に於いても必要に応じてキャドトレースモデル、樹脂モデルを制作いたします。特に人間が触れる物に関しては必要不可欠な要素となります。